« 用紙とラベルソフト | メイン | プエルトリコ戦略論(序説) »

ボードゲームショップ

 海外のボードゲームを扱っているショップで良く利用しているところをリストアップしてみます。ルール自体がドイツ語や英語でも、ショップ独自の日本語訳がついているものがほとんどですので問題なく遊べます。通販は便利ですが送料が掛かりますので、なるべくなら2、3個まとめ買いした方が安く上がります。

  • i-OGM
     同一ゲームの価格が他のショップと比較して安価です。また、送料が合計金額8,000円未満で全国一律350円と安いです。
  • メビウス ゲームス
     独自にゲームを輸入し日本語訳を付けて販売されている東京都文京区のショップです。他のショップにも扱い商品を卸されています。メビウス扱い商品はイエローサブマリンや東急ハンズなどでも見かけます。
  • ゲームストア・バネスト
     独自にゲームを輸入し日本語訳を付けて販売されている名古屋のショップです。創作ゲームにも使用できるコマやチップも販売されています。
  • プレイスペース広島
     独自にゲームを輸入し日本語訳を付けて販売されている広島のショップです。取り扱いアイテムが豊富です。
  • アークライト
     海外ゲームの輸入製品と自社製品を販売されている東京都千代田区のショップです。
  • アークライト(楽天市場店)
     アークライトの楽天市場店です。
  • 銀河企画オンライン
     海外ゲームの輸入製品とモンスターメーカーシリーズなどの自社製品を販売されている東京都千代田区のショップです。ダイス・駒・チップなどの取り扱いもあります。

 海外のボードゲームを購入する上で注意が必要なのは、付属品の欠品が割にあることです。多い分には問題ありませんが、少ないとゲームができません。購入した商品が届いたら、まず始めに説明書を見ながらコマの不足がないかどうか検品した方が良いと思います。欠品があった場合は購入したショップに問い合わせて、不足品を送ってもらうなど対応してもらいましょう。
 私の経験では、プエルトリコのインディゴがひとつ足りなかったり、インコグニトのカラーボールが2個不足していたということがありました。どちらも購入したショップで親切に対応していただき、欠品分のコマを送っていただきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://midge.jp/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)