« ポータブル・プエルトリコ | メイン | プエルトリコ戦略論(採石場) »

プエルトリコ戦略論(基本戦略)

 プエルトリコは誰よりも多く勝利ポイントを稼いだプレイヤーが勝利者となるゲームです。建物を建てて勝利ポイントを稼ぐ方法と、産品を出荷し勝利ポイントを稼ぐふたつの方法があります。どのように勝利ポイントを稼ぐのか、具体的な方法が問題となります。

 基本的な戦略としては、誰よりも多くお金を稼ぐことです。4人プレイの初期資金は3ダブロンしかありません。例えば典型的なギルドホール型での建築を目指すとします。「小インディゴ」「小サトウ」「小市場」「小倉庫」「大インディゴ」「大サトウ」「タバコ」「コーヒー」「工場」「港」「ギルドホール」という組み合わせで必要な資金は合計で50ダブロンです。産品を出荷するだけでは資金は増えません。なんとかして初期資金を50ダブロンに増やすためには、産品を売却する、金鉱を掘る、ボーナスダブロンを拾う、といった行動が必要となります。

 古典的な分類として「建築型」と「出荷型」というものがあります。建築によりポイントを稼ぐ建築型プレイヤー対出荷によりポイントを稼ぐ出荷型プレイヤーの戦いという図式を思い浮かべる方も多いと思います。しかしながら、「建築型」「出荷型」という分類が頭にあると、このゲームの本質を見逃し兼ねません。実際はどちらかだけという偏ったプレイをすることは少なく、両方の手段でポイントを稼ぐスタイルが一般的です。より多くの建物を建てるのには資金が必要であり、より多く出荷ポイントを得るには生産施設を建て港や造船所を建てる必要があります。どのような方法を採るのかはそれぞれの状況によりますが、常に必要かつ重要なのはお金です。お金を勝利ポイントに変換するゲームがプエルトリコです。

 お金の運用方法さえ間違えなければ、最も多くお金を稼いだプレイヤーが勝つ確率が極めて高いゲームです。ですから、プレイ前に「今回は建築型で行こうか、それとも出荷型で行こうか」と考えるのはお勧めできません。それよりも「どのようにお金を稼ごうか、どのように効率の良い資金運用をしようか」と考える方が良いと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://midge.jp/mt-tb.cgi/72

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)