« プエルトリコ戦略論(2人プレイ) | メイン | ボードゲームショップその2 »

ミッション:レッドプラネット戦略論(キャラクターカード)

 ボードゲーム「ミッション:レッドプラネット(Mission : Red Planet)」はキャラクターカードを使用し宇宙飛行士を火星行きのロケットに乗せて送り込み、火星における採掘権の独占を狙うゲームです。キャラクターカードは9種類あり、それぞれ特徴が違います。そこで、簡単に各キャラクターの違いをまとめてみます。

キャラクターロケット搭乗人数確実性能力
1:リクルータ使用済みキャラクターカードを手元に戻す
2:探検家火星にいる宇宙飛行士を3回まで移動
3:科学者1〜2イベントカードドロー/発見カード確認
4:秘密諜報員1+1ロケット強制離陸
5:破壊工作員地上のロケット1隻破壊
6:女スパイ他人の宇宙飛行士1人と入れ替える
7:添乗員×乗せられなければ手番パス
8:兵士×火星の外周にいる宇宙飛行士を1人殺害
9:パイロット1〜2ロケットの目的地変更


 基本的には1隻のロケットに対して1人の宇宙飛行士を乗せることができます。「4:秘密諜報員」は2隻のロケットに1人ずつ乗せることができるうえ、ロケットを強制離陸させることができます。「7:添乗員」と「8:兵士」を使用すれば複数の宇宙飛行士を搭乗させることができますが、このふたつのキャラクターカードは条件に合わないときは1人も乗せられません。不確実性があるのはこの2種のキャラクターカードだけです。また、「3:科学者」と「9:パイロット」は1〜2隻と条件が緩く2人も乗せられます。

 ストックを除くと、宇宙飛行士の存在する場所は「離陸前のロケット」「離陸後のロケット」「火星」「宇宙墓場」の4か所です。そして、他人の宇宙飛行士を殺害できるカードは3種類です。「5:破壊工作員」は「離陸前のロケット」に乗っているすべての宇宙飛行士を、「8:兵士」は「火星」の外周にいる1人の宇宙飛行士を「宇宙の墓場」に送ることができます。また、「6:女スパイ」は「ロケット」もしくは「火星」にいる他人の宇宙飛行士を自分の宇宙飛行士と入れ替えて「宇宙墓場」に送ることができます。「離陸後のロケット」の宇宙飛行士に対して直接的に効果を発揮できるのはこのキャラクターカードだけです。ちなみに、「9:パイロット」は「ロケット」の行き先を変更することで間接的に効果を発揮することができます。

 火星にいる宇宙飛行士を移動させられるのは「2:探検家」だけです。1人の宇宙飛行士を3エリア分動かせます。1人を複数回移動させたり複数人を別々に移動させることができます。

 これらのキャラクターカードを駆使してより多くの宇宙飛行士を火星のより広いエリアに送り込む、または「ボーナスカード」の効果を期待して「宇宙の墓場」に送り込むのが基本戦略となります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://midge.jp/mt-tb.cgi/68

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)