« ボードゲームと対局時計 | メイン | インドネシア(Indonesia) »

創作ゲーム「学校の怪談」紹介

 創作ゲーム「学校の怪談」は、とある小学校の旧校舎に肝試しをするために入り行方不明となった生徒たちを上級生の生徒たちが救出しに行くというホラー要素のあるボードゲームです。各プレイヤーは「意志」「オカルト知識」「機転」といったパワーカードを駆使し、校舎内で現れる幽霊と対決しながら迷い込んだ生徒を探して救出し、旧校舎からの脱出を目指すという協力要素のあるボードゲームです。途中で幽霊と遭遇することにより正気を失い「憑依」されたり、最後にはプレイヤーキャラクターと「幽霊」が入れ替わっていることもあります。
 勝利点である達成ポイントと不確定な達成ポイントである心霊体験ポイントをどのようなバランスで稼ぐかという他のプレイヤーとの駆け引きを楽しむゲームです。本ゲームは「ゲームマーケット 2006」に出品、販売させていただきました。

作者:Midge (Midge.jp)
カードデザイン:hash (hash-hash.net)
プレイ人数:3〜6人
プレイ時間:60分
価格:3,000円

※本サイトの創作ボードゲーム「学校の怪談」は、同名の映画、アニメ、TVゲーム、書籍などとはまったく関係ありません。民間伝承や都市伝説としての学校の怪談をモチーフとしたホラー風味のオリジナルボードゲームです。

学校の怪談エラッタその1
 学校の怪談エラッタその2

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://midge.jp/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)